税理士による公益活動サポートセンター
東京地方税理士会が設立50周年記念事業の一環として設立した「税理士による公益活動サポートセンター」

記念事業のメインテーマは『税理士の社会貢献』
税理士がもっとも得意とする、「民間の税務・会計に関する相談役」であることはもちろん、その職能を活かして「公益的活動」に積極的に参加し、地域社会の健全な発展と、より成熟した社会の形成に寄与できるよう、本法人の参加メンバーを育成します。
成年後見制度、NPO法人制度、地方公共団体等の外部監査制度、特定調停制度などの分野別に部会を設け、専門知識を持った会員を養成するとともに、研修、指導、会員間の情報交換などを継続的に行います。